自作水耕栽培ユニット

ビーシュリンプの餌用にほうれん草の水耕栽培がしたくなり、
装置を自作してみました。(素人仕事です・・・)

材料はこちら。総額2000円以下です!(LEDテープは使用分換算分)

左上のほうから右に
・アルミアングル(0.8×12×12×910)
・ジョイントラック一式
・メラミンスポンジ
・アイストレイ(冷凍庫で氷を作るあれです)
・LEDテープ(5050RGB12V用幅10mm)ネットで購入
・ACアダプター(19V4.2A)リサイクルショップで購入
・ほうれん草の種
・アルミ板(100×300×0.5)
・両面テープ(なるべく薄いもの)

LEDテープとアダプターを除き、100円ショップとホームセンターで購入。

≪照明の作成≫
まずはベースとなる部分。
アルミ板を使用します。少し長かったので加工。
天板に収まる長さでL字に折り曲げます。
切り離しても良いのですが、強度を上げるために残しておきます。

続いてアルミアングルの切断。
100mmと202mm4本にしました。

続いてLEDテープの切断。200mmを4本です。
LEDテープはRGB。すなわち光の3原色(赤・緑・青)の光源が入っています。
白色LEDに比べ、光合成に必要な波長が含まれている可能性が高いので
RGBにしました。効果はしばらく様子を見ないとわからないですね。

アルミアングルにLEDテープを貼り付け、アルミアングルをアルミ板に張り付けます。
張り付けるのに使用する両面テープは熱伝導性のもののほうが良いと思われますが、
コストカットのためなるべく薄く安いもので済ませています。
(LEDテープには熱伝導性と思われる両面テープが付いています)
アルミアングルを使用したのは、光の横漏れ防止、放熱、強度UPを狙いました。
固定用の穴開けもしています。

そして配線。ハンダ付けは苦手なので省略します・・・
DIYなので作動すれば良いのです!
くれぐれもショートには気をつけましょう!!!

使用したアダプターは19V、LEDテープは12V用。
なので、上から1本目と2本目は並列に、3本目と4本目も並列に繋ぎ、
2本目と3本目を直列に繋いで給電しています。
こうすることでLEDテープにはそれぞれ9.5Vの電圧がかかるはずです。

LEDテープは12V用なので若干光量は落ちてしまいますが、
ノートパソコン用のアダプターが19Vで大容量のことが多く
リサイクルショップで入手しやすいので、このようにしました。

最後に100mmのアルミアングルを貼り付けて補強します。
そしてビニールテープで導線も固定。
(ハンダ付けが苦手なので補強です)
タイマー管理するので、ONOFFのスイッチは付けていません。

結束バンドで固定。少ししなってしまいました。
上の面からも補強しておくべきでした。

≪栽培容器の作成≫
使用するのはアイストレイ。
下に作った氷を入れるスペースがあります。

ちょうど良い径のホールソーがあったので、穴あけ。

適当に3個開けていきます。

ヤスリとカッターナイフで形を整えて

完成です。
種は現在発芽処理中なのでまたのちほどに。

DIYの楽しみはとりあえずやってみる!
不都合があれば原因を考え、その対策や機能の追加をする。
こうすることによってより完成に近づく事だと思います。
≪注意≫
この投稿は素人仕事のDIYです。参考にする方がいましたら自己責任でお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



『自作水耕栽培ユニット』へのコメント

  1. 名前:蜜柑海老 投稿日:2017/11/30(木) 08:44:13 ID:72ac9598a 返信

    おはようございます。

    凄いDIYですね〜

    照明って作れるんですね!

    私なら…………ビリビリからの、
    頭がアフロになってます(笑)

    ほうれん草経過楽しみにしてます。

    • 名前:悠々Ka 投稿日:2017/11/30(木) 10:09:11 ID:5d8c8721c 返信

      蜜柑海老さんコメントありがとうございます。
      切って、貼って、くっつけるだけなので、
      それほど難しくないですよ~
      水槽用に高性能の物だと大変だとは思いますが、
      今回は補助照明なのでかなり適当です。