ラベンダーの鉢上げ

挿し木してから1か月。発根を確認できたので鉢上げします。

その前に、実は4種類の用土を使って実験していました。
左から、ハーブ用の土、赤玉土、挿し木用の土、花壇の土

屋外で雨ざらしになっていたので、毛虫に襲われたり
泥はねで傷んでしまったものもありますが、これまでにない
手応えです。

ということで、結果発表
ハーブ用の土 ・・・ 5/10 (50%)
赤玉土    ・・・ 6/8 (75%)
挿し木用の土 ・・・ 6/7 (85%)
花壇の土   ・・・ 4/4 (100%)

なんということでしょう。花壇の土の優勝です。
けど、ハーブ用の土と花壇の土には1株小さな根しか
出ていないものもありました。

(下は花壇の土に挿したものです)

根張りの良さでは、圧倒的に挿し木用の土が良かったです。
しかし、ダタと言うことも考えると花壇の土もありかと
思います。雑草が生えてきちゃうのが難点ですが。

鉢上げに用いた用土は、培養土5:赤玉土4:もみがら燻炭1です。
赤玉土は小粒のものを購入しましたが、意外と大きさに
バラツキがあるので2回ふるいにかけて、中くらいのものを
使用しました。

やらなくても問題ないですが、大きいもの小さいものも
それぞれ他の植物で使用したかった為ひと手間かけました。

思いのほか成功率が高かったためプラ鉢が足りず、
苗ポットを使用。数日日陰で様子を見てから
日向に移動する予定。

そして、成功に気を良くしてまた挿し木してしまいました。

今回は、バーミキュライトで挑戦です。
北海道ではもうすぐ霜が降りることもあるので、
室内管理にします。
この調子でどんどん増やしたいものです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク