発酵式Co2の拡散器

これまで、エアチューブにメラミンスポンジを詰めていましたが、
1週間もすると気泡の出が悪くなってしまいます。

レイアウトの都合上、右手前に拡散器を移動させることになったので、
見栄えも含めて対策することに。

ということで導入したのは、AIネットのバブルカウントディフューザーS。
写真にはうまく写りませんでしたが、水流に漂い続けるほど小さな気泡
も出ています。
使用開始から1週間ほど経ちましたが、いまのところ問題なし。

ただ、最初に気泡を出すまで苦労しました。おそらく拡散器内に水を
入れる際、セラミック部が水で満たされてしまい、発酵式では圧力が
足りなかった為と思います。
空のペットボトルを繋ぎ、手で押して気泡が出るようにするといいかも
しれませんね。

また、発酵式だと不純物が含まれてしまうせいか、白いモヤモヤが
出てしまいます。その対策として途中にもバブルカウンターを入れて
みました。

この調子で、発酵式の賞味期限が切れるまでメンテ無しでいけると
いいですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク